親の介護はしたくない!なんでも頼るな!

正直言って、自分で両親の介護はしたくないと考えています。

子どもの頃から親が苦手で、早く大人になって一人で暮らしたいと考えていました。

他人からは、「素敵なお母さんですね」と言われるので、恐らく親ではなく親を受け入れられない私自身に原因があるのだろうなと思います。

父親の稼ぎだけでは生活がままならず、社会人になってからも3年間は我慢して実家に給料の7割のお金を入れ続けていたのですが、いざ3年経って実家を出ようとした時にひどく責められました。

両親は私の収入に執着していたのです。

はっきりと、両親とは血の繋がりがあっても所詮他人なんだと感じました。

あのとき無理やり実家をでなければ一生後悔していたと思います。

社会福祉士と相談してショートステイに母をお願いすることに。

今でも両親は、「さもどこにでもいる普通の良い両親」のような顔で私に接します。けれど私は彼らに苦手意識を持っているし、出来れば二度と一緒に暮らしたくないと思っています。

20代の貴重な3年間を捧げたのに、これから介護まで強要されてしまったら、私は彼らの自己満足と生活の為に生まれたことになってしまいます。

特には兄弟と違い私は大学にも行かず、資格も自分で働いたお金で取ったので、育てた恩ならあの3年間できっちり返した筈です。

もし介護施設に入るお金がないというのなら、義理としてそのお金を出すことはするでしょう。

ですが、彼らと共に住み、彼らにこれ以上時間を捧げることはしたくありません。

家族だからといって、なんでも頼っていいわけではないのです。

親の介護は憂鬱でしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です